カラコン 模様 直径

カラコンの模様・直径とは?

カラコンでデカ目をつくる際に重要な着色直径

コンタクトレンズは視力補助で使われていることがほとんどでしたが、近年メイクの一環として装着するカラコンが流行し目の印象を変えるアイテムとして流行しています。カラコンはレンズに色素や模様を入れることにより目の色を変えてみせる他にも黒目部分のサイズをアップさせる「デカ目効果」と言われるものが期待出来ます。DIAがレンズ全体の直径でそれに対し色素が入っている部分の着色直径といいデカ目にするには着色直径がかかわってきます。日本人の黒目平均直径は12〜13センチとされており、これを上回る着色直径のカラコンをつけることで大きい黒目に見せることが出来ます。

大きい黒目を作る

最近は、メイクをする時につけまつげやマスカラ以外にもカラコンを使って目を大きく見せる女性が増えています。カラコンを購入する際に気をつけるのは、着色直径という要素です。この着色直径が大きさで黒目の色がぬられている部分が違うため、大きければ大きいほど装着した際に目を大きく見せることができます。
しかし、あまりにもサイズが合わないものを装着すると見た目に違和感を感じてしまいます。度が過ぎると服装にも合わせることも難しくなり余計に不自然に見えてしまうため注意が必要です。
自分にあったサイズを選ぶことがポイントです。

カラコンの模様の大きでもっとデカ目になる

最近では家の近くの薬局でも豊富な種類が取り揃えられていて、簡単に安全なカラコンが手に入ります。
カラコンはソフトレンズですが、レンズにも大きさがあります。DIAという記載です。
14.5ミリや14.0ミリが一般的に多くデカ目と記載されているサイズになります。
DIAについては0.5ミリ大きくなっただけでもつけ心地やフィット感はだいぶ変化します。
自分に合ったサイズでデカ目に見えるものを見つける事が重要です。
DIAが同じでもカラコンの模様や色がついている部分はメーカーごとに違います。
この模様や色のついている部分が大きいほど着けた時にデカ目に見えます。
レンズのサイズだけでなく、模様部分の大きさも注視してみると良いです。

つけ心地の良いレンズ

カラコンはつけ心地があまり良くないと思われていました。
しかし最近のカラコンは進化をしてきています。
模様だけではなく、瞳に優しいものがたくさんあるのです。

 

瞳の印象というのは、その人の全体にも影響を与えてくるものなのです。
だからこそ、自分に似合うものを探していかなければいけません。
ゴロゴロするということがないように、工夫がされているレンズもたくさんあります。

 

中には店舗で試着をすることができるものもあるので、試着を利用してみるのも良いです。
そうすることで失敗なく選ぶことができます。
その日の気分によって変えるのも良いです。カラコン比較


このページの先頭へ戻る